HOME>ホットトピックス>広島で入れ歯を作るメリットや方法について知っておこう

手入れを怠らない

歯型

最近になって入れ歯を利用するようになった方々は、手入れの方法を間違っている事も珍しくなくて、歯茎の調子が突然に悪化する事もありえます。臭いがしない程度に洗浄すれば大丈夫だと考えずに、歯周病や虫歯の原因となる菌類が残らないように、洗浄作業を怠らないよう注意してください。磨き忘れやすい部分などを広島の歯科でアドバイスしてもらい、正しい手入れのやり方を学んでおけば、口臭だけでなく歯周病も予防できます。殺菌のために熱湯や漂白剤をかけるのは危険で、変形や変色の原因になりますから、入れ歯を長く使いたいなら専用の洗浄剤を使用してください。医師からの指示通りに手入れをしているのに、すぐに変形してしまった場合には、不良品の可能性もあるので新しいものに交換する事を推奨します。

安定剤はとても便利

前から使用している入れ歯の形が口内に合わなくなり、不安定な状態が続いているようであれば、安定剤を使用する事で対処してください。少し形が合わなくなってきたと感じても、すぐに入れ歯を作り直そうとせずに、安定剤を使用した方が節約になります。クッションタイプの安定剤はパン生地のように柔らかくて、弾力性があるので口内に痛みを感じにくくて、簡単に剥がれてしまう心配もありません。ただし安定剤を大量に使ってしまうと、入れ歯が傾いて噛み合わせが悪くなる可能性もあるので、正しい安定剤の使用法を広島の歯科に質問してください。

上アゴと下アゴの治療費

入れ歯を作る際にかかる費用は、上アゴと下アゴで違う場合もあるので、広島の歯科を頼る前に料金の違いを質問してから、治療を始めてください。基本的には上アゴの方が安くなる事が多く、歯科によっては下アゴの入れ歯の製作費用より、15万円から20万円ほど高くなる事もあります。上アゴと下アゴの入れ歯を同時に作るつもりなら、両方とも同じ歯科に依頼をしなければ、上下の歯のバランスが悪くなる可能性もあるので注意が必要です。

広告募集中